2018年01月16日

視線入力デバイスによる「ツムツム」

視線入力デバイスによる「ツムツム」ライクのゲームです。

見つめるだけで遊ぶことができます。

Tobii Eye Tracker 4Cを使用。

元由さんに撮っていただいた実行画面の動画をアップいたします。

https://youtu.be/rQdv1pfPAyo
posted by 青木直史 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月06日

本日のテーマは「謹賀新年」

第18回

2018年1月6日(土)15:00〜16:00

雑学サイエンスカフェ@三角山放送局、本日は「謹賀新年」をテーマにお話させていただきました。

http://www.sankakuyama.co.jp/contents/2018/01/02/005606.php

ご紹介した本

読書感想文からオトナの世界が見える
恩田 ひさとし (著)
雷鳥社 (2009/7/1)

ご紹介した音楽

@ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
1995年 クイーン

A北酒場
1982年 細川 たかし

BSAMURAI DRIVE
2002年 hitomi

メッセージを送っていただいた「おゆ」さん、ありがとうございました!

次回は、2018年2月3日(土)15時〜、の予定です。どうぞよろしくお願いいたします〜!

http://goo.gl/pZ61nS
posted by 青木直史 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月05日

テクノロジーアート展 in 北大祭2018

新年明けましておめでとうございます。

今年は、2017年6月2日(土)、北大祭にあわせまして、「テクノロジーアート展 in 北大祭2018」を開催したいと思っております。

このイベントも、気がつけば5年目に突入してしまいました。(笑)

出品者は随時募集中ですので、我こそは、という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡くださいませ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします〜!

詳しくはこちらまで。
https://goo.gl/LsCTw5
posted by 青木直史 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月02日

次回の雑学サイエンスカフェ@三角山放送局

青木直史の「雑学サイエンスカフェ」、次回は、2018年1月6日(土)15時〜、を予定しております。

http://www.sankakuyama.co.jp/contents/2018/01/02/005606.php

青木直史の「雑学サイエンスカフェ」は、コミュニティーFMラジオ「三角山放送局」にて、毎月1回、土曜日に放送させていただいております「三角山リレーエッセイ」の1コーナーです。

身近な話題をはじめとするさまざまなテーマについて、サイエンスの視点をおりまぜつつ考えてみることが番組の趣旨ですが、漫談放談を通して雑学の面白さをお伝えできればと思っております。

詳しくはこちらまで。
http://goo.gl/pZ61nS

通常のラジオ放送のほか、インターネット放送とスマートフォンにも対応しております。レンガの館@札幌から生放送の1時間。皆様からのメッセージをお待ちしております!

○ラジオ放送
FM放送 76.2MHz

○インターネット放送
サイマルラジオ http://simulradio.info/
Listen Radio http://listenradio.jp/

○スマートフォン
Listen Radioアプリ
iコミュラジアプリ

三角山放送局
URL:http://www.sankakuyama.co.jp/
FAX:011-640-3331
E-mail:request@sankakuyama.co.jp
posted by 青木直史 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

お正月といえば、やはりこれですね。

https://www.youtube.com/watch?v=BeVYO-2wDK0

今年もよろしくお願いいたします。
posted by 青木直史 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月31日

大晦日

2017年もいよいよ残すところわずか。そろそろ紅白歌合戦がはじまりますね。

今年は、本当に思い出深い1年となりましたが、来年もまた楽しい1年にしたいものです。

よい年をお迎えください〜!
posted by 青木直史 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月26日

スターウォーズのチョコエッグの実証実験の結果

スターウォーズのチョコエッグ、はたしてシミュレーションどおりになるものなのかと、この1ヶ月、体を張って実証実験を続けてきたわけですが、28個まで買い続けてきたところで、全13種類が集まりました。

図に示しますと、青い線がシミュレーション、赤い線が実際なのですが、見比べてみると、おおよそシミュレーションと似たような展開をたどることが判明。確率の妙に、思わず、おおっ、という感じです。(笑)

そんなこんなで、ついにシークレット1種類を残すのみとなりましたが、いろいろ調べてみると、シークレットの出現確率は120個入りのダンボール箱に1個程度とのことらしく、これはこれは、道のりはあまりにも険しすぎる、ということで、今回の実証実験はこれにて終了。(笑)

今さらですが、本気でシークレットを入手するには、最初にダンボール箱を買ってしまうのが、作戦としては正解のような気もしてきました。とは言っても、1個200円ですから、う〜む、初期投資は2万4000円ということになりますよね。。。(汗)

ちなみに、シークレットは、どうやらルークらしいのですが、オークションでは現在2000円超えで取引されているみたいですよ〜。(笑)

https://www.facebook.com/naofumi.aoki.1
posted by 青木直史 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月25日

視線入力デバイス

視線入力デバイスを使って何かできないだろうか、ということで、元由さんに作っていただいたのが、この「ツムツム」ライクのゲーム。

技術の進歩により視線入力デバイスそのものは数万円ほどで手に入るようになってきましたけれども、こうした恩恵にあずかることで、さまざまな方がパソコンを楽しく使うことができるように工夫することが、プログラミングボランティアの大事な役割だと思っております。

https://www.facebook.com/naofumi.aoki.1
posted by 青木直史 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月22日

メディアネットワーク演習1(2017年度)の作品の動画

メディアネットワーク演習1(2017年度)、作品の動画は以下のとおりです。北大工学部2年生の力作を、とくとご覧くださいませ。

「マイクロマウス」チーム
作品:マイクロマウス
説明:迷路を右手法によって自動走行し、ゴールにたどり着く。
https://youtu.be/E746P1dWJxU

「かずし会」チーム
作品:poplas(ポプラス)
説明:北大専用の匿名SNS。現在地情報を利用して、つぶやきを北大地図上に表示することができます。「いいね」機能も備えています。北大のみんなの”今”の情報をいち早くあなたに届けます!
https://youtu.be/pXUYvZ_hT_U

「aPPle」チーム
作品:無線キーボード
物理デバイスによるフリック入力
https://youtu.be/tnXTs_XSBgY

「ウォーターボーイズ」チーム
作品:水やりおまかせ君
説明:土が乾燥したことを自動で判定し、水をやる機械。ディスプレイには水の有無と土の湿潤か乾燥か、もし給水状態なら給水状態と表示される。
https://youtu.be/lDKWslqRleY

「IoTOTO」チーム
作品:IoTOTO
説明:トイレに革命を起こすIoT(Internet of Toilet)機器です。
https://youtu.be/yc6rfw618d4

「はむごっち」チーム
作品:はむごっち
説明:これが未来のペットやで(^ω^)
https://youtu.be/IGJYBbpLR0M

「大志を抱けプロダクション」チーム
作品:Approaching Wall
説明:UnityとArduinoを連携させてゲームを作りました。Arduinoには3種類のセンサを載せており、センサの角度を変えて、Unityで作ったゲームを遊ぶことができます。
https://youtu.be/IuiX47wii6c

「G社」チーム
作品:走るゴミ箱ケロちゃん
説明:音声に反応して移動するゴミ箱
https://youtu.be/azXtHXFehYY
posted by 青木直史 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月21日

Web Audio APIによるブラウザアプリ

Web Audio APIによるブラウザアプリを鋭意制作中。とはいえ、自分だけではどうにも進みませんで、いつもながら藍さんに感謝です。

とりいそぎ、こちらのウェブサイトに現在のバージョンのものをアップしてみました。
http://goo.gl/e3ASnp

マウスをクリックすると音が聞こえてきます。そのままドラッグすると、音がいろいろと変化することを、ぜひご確認いただけますと幸いです。

2018年3月の音響学会では、さらにバージョンアップしたものをデモ展示させていただく予定です。こうご期待くださいませ!
posted by 青木直史 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記