2013年03月31日

P.K.ディックの規則

現実は、その実在をあなたが信じるのをやめても、どこにも立ち去ってはくれない。

Reality is what refuses to go away when you stop believing in it.
posted by 青木直史 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月30日

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

P.K.ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を読む。言わずと知れた「ブレードランナー」の原作です。

感情移入できるほど相手を思いやれるのが人間、それができなければアンドロイドということなのですが、自信を持ってフォークト=カンプフ検査法をパスできる人間が一体どのくらいいることやら。。。(汗)

ちなみに、グーグルのネクサスって、この小説に登場する最新鋭のアンドロイドの型番に由来しているって知ってました? これがIT系エンジニアの教養ってものなのですよ、おそらく。(笑)
posted by 青木直史 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月29日

ふぞろいの林檎たちIII

脚本を読む。

誰もが知っている山田太一先生の名作ですが、脚本家としてはテレビの仕上がりに違和感を抱いていたとあとがきに書いてあってちょっと驚きでした。テレビも十分面白いと思いましたけど、それくらい作品に対する思い入れが強くなければ本物じゃないってことなのかも。

それにしても、山田太一先生ですら連続ドラマにしてもらうのに苦労していると聞くと、作品を残すにはとにかくいろいろやってみるしかないというファイトががぜんわいてきますね。
posted by 青木直史 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月28日

弥生

3月生まれの女子は、やっぱり「弥生」なんですかね。

親戚に、ふたり目の「弥生」が誕生。(笑)
posted by 青木直史 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月27日

新学期

いよいよ来週から新学期。そんなわけで、今日はいくつか書類を作成。

最近は、授業を始める前にガイダンスで、相対評価の割合など成績に関することを、学生にあらかじめ説明しないといけなくなったのですが、自分が学生のときはそんなこと一切なかったな、と少し遠い目。

とにもかくにも、心機一転、新しい環境でがんばる季節の到来です。
posted by 青木直史 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月26日

スタバミーティング

スタバで石橋君と最後のミーティング。

あっという間の4年間でしたが、振り返ればいろいろと思い出があるものです。東京に行ってもぜひ精進していただいて、さらにパワーアップしてくれることを期待してますよ!

その後、カクテルバーハラダへ。原田先生のマジックをぜひ一度見ていただきたいと思って何人かの方をお誘いしましたが、時間差でメンバーが集まったため、特別に2ステージ見せていただくことができました。原田先生には本当に感謝です。

「テレビでやっているマジックって、本当に実演できるものなんですね。」というコメント、まったくもって同感。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月25日

昨日、姪が誕生した模様。

人生を前向きに生きていくのが牡羊座の人の性格らしい。黄道十二宮の最初の星座ということで、生まれついて先駆者の精神が旺盛とのこと。がんばってほしいです!

とにもかくにも、おめでとうございます!
posted by 青木直史 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月24日

守破離

昨年から見てきた「巨人の星」、ついに大リーグボール3号が登場。

一徹のセリフを聞いているうちに「守破離」という言葉を思い出しました。

師匠から伝授された型を守り破ることで誕生したのが1号と2号だとすると、型から離れることで生まれたのが3号ってことになるのかな。

どちらにしても、これで終わらないのが巨人の星なんです。持ち上げて落とす成功と挫折の振幅が大きすぎて、普通の子供だったらとっくに心が折れてますね。(汗)

残りあと10話。
posted by 青木直史 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月23日

リアクション

1ヶ月ぶりのマジックの修行のあと、原田先生と一緒にオススメの喫茶店デリカップに行ってみました。いつもとは違う喫茶店で気分転換。マジックの秘話を聞かせていただきました。

原田先生いわく、笑ったり、だまったり、考え込んだりするのが、マジックを見にきたお客さんの反応としては多数派とのことですが、なかには怒ったり、泣いたりするお客さんもいるとのこと。

夜は再びマジックバーハラダ。就職で札幌を離れる北大の卒業生に原田先生のマジックをお見せしましたが、素直なリアクションが好印象でした。

しばらくは仕事を覚えるのに忙しいでしょうけど、時間ができたらぜひマジックを修行してもらって、将来、マジック対決で再会したいものです。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月22日

1000円

17:40の飛行機に乗って千歳に帰ってくる予定でしたが、使用する飛行機が欠航になり、かわりの飛行機を沖縄から調達するとのことで、1時間遅延。そんなわけで、ANAから1000円いただいてしまいましたが、LCCだったらこうはいかないはず。時間と人数によって金額が決まるような気がするのですけど、このあたり、はたしてどんな計算式になっているんでしょうね。
posted by 青木直史 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月21日

ソメイヨシノ

名古屋ではソメイヨシノが開花したとのこと。はかま姿の学生もチラホラで、やっぱりサクラは卒業式の花であることをあらためて実感。札幌ではGWの季語ですけどね。(笑)

電子情報通信学会総合大会@岐阜大学、座長の仕事も終了し、3週連続の学会業務もこれにて一件落着。学生も発表がんばってくれたようで言うことなしです。感謝。
posted by 青木直史 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月20日

蕎麦ときしめん

ホテルの朝食、きしめんが出てきて、なるほどと納得。清水義範の「蕎麦ときしめん」を思い出しました。ちなみに私はどちらも好きですよ。

春分の日の今日、こちらは雨模様の天気でした。
posted by 青木直史 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月19日

22℃

天候にめぐまれ、スイスイ移動。無事に現地に到着いたしました。

こちらの最高気温はなんと22℃。ダウンコートはちょいと場違いだったかも。(汗)
posted by 青木直史 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月18日

明日から岐阜

岐阜県に行くのは今回がはじめてです。セントレアも今回がはじめて。いろんな意味ではじめてづくしの旅になりそうです。
posted by 青木直史 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月17日

東京スカイツリー

2012年5月にオープンした東京スカイツリー。今回、ようやく間近でながめることができました。

あまりにも近づきすぎると全景の写真が取れなくなってしまうほど。こんなときは、大横川親水公園に設置された凸面鏡の撮影スポットがオススメです。

高所恐怖症なので、ソラマチの4Fまで上がったところで終了。
posted by 青木直史 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月16日

山手線

この音を聞くと、東京に来たんだなって実感がわくのが、山手線の発車メロディ。これ、もはや東京の音と言っても過言ではないですね。

調べてみると意外にも歴史は浅いようで、最初に登場したのは1980年代の終わりごろ。それまでは単純なアラーム音だったらしいです。

山手線の発車メロディは、雑踏でも注意を引くFM音源らしい金属的な音色が特徴。というわけで、ヤマハのDX7を使って発車メロディを再現している動画を発見。
http://www.youtube.com/watch?v=biBCVDcaRls

おなじみの発車メロディも、人間が演奏しているのを見ると思わず見入ってしまうのが面白いところ。
posted by 青木直史 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月15日

音響学会3日目

音響教育調査研究委員会に出席。シークレットの企画が少しずつ進展している模様。微力ながらお手伝いさせていただけたら、と思っております。

これで春の音響学会も終了。

東京工科大学のキャンパスって、なんとなく風水を意識したような異国情緒あふれる雰囲気でしたけど、どうやらドラマのロケにも使われている模様。昨日、今日と、遠巻きに様子をながめてみましたが、だれが出演しているかはよくわからず、でした。(笑)
posted by 青木直史 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月14日

音響学会2日目

「SuperColliderによるデータ可聴化の可能性」というタイトルで、2つ目のプレゼンを終了。

本来は音ではないデータをあえて音にして聞いてみることで、データの特徴を聴覚的にとらえてみようというのがデータ可聴化と呼ばれる研究分野のモチベーション。

いまいちピンとこないかもしれませんが、「すべすべ」とか「ざらざら」といった擬態語がそのひとつと考えればわかりやすいかも。

今回は、ロジスティック写像、ローレンツアトラクタ、3.11東日本大震災の地震波をデータ可聴化してみました。

なんとか乗り切れたのは、音作りをしてくれた森本君のおかげ。わがままなお願いにもかかわらず、いつもながら二つ返事で対応してくれて本当に感謝しています。
posted by 青木直史 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月13日

音響学会1日目

強風による砂ぼこりのなか会場へ。気分はまるで大リーグボール2号の特訓につきあう伴宙太でした。

「音響合成を題材としたサウンドプログラミング演習」というタイトルで、まずは1つ目のプレゼンを終了。

その後、おなじみの先生方と八王子で内輪の懇親会。昔話に花が咲きました。
posted by 青木直史 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年03月12日

かっぱ橋道具街

道すがら足を踏み入れたのは、料理関係の道具を扱う専門店がずらっと並んでいることで有名なかっぱ橋道具街。

そのなかでもひときわ異彩を放っていたのが、食品サンプルのショップでした。イチオシはここ。
http://www.ganso-sample.com/shop/kappabashi/

製作体験もできるということで、思わず飛び込みでチャレンジしようかと思いましたけど、連日予約でいっぱいとのこと。う〜む、こういうモノづくりって、意外とマニアが多そうです。(汗)
posted by 青木直史 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記