2013年05月31日

エベレスト

記録は破られるためにあるとは言いますけど、三浦雄一郎さんの記録、1週間もしないうちに塗り替えられてしまう可能性があったわけで、どうなるのかなと思ってましたが、なんとチャレンジャーの81歳のネパール人が登頂をあきらめたとのこと。

資金調達がうまくいかなかったというのがその理由らしいです。そんなわけで、80歳の史上最高齢の登頂記録はとりあえず守られたとのことですが、シニアになってもこんな勝負にからめるってことは、いずれにしてもスゴイことですよ。

若者のほうが元気だろうと思うのは早計で、生命力の強さを身をもって証明しているのは、じつは長生きのシニアのほうなのかもしれませんね。
posted by 青木直史 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月30日

サイバーギター再び

塚原さんからリクエストがあり、「ICCオープニングイベントのライブ演奏に使いたい」とのことで、サイバーギター、ひさしぶりの出番でした。

誕生から10年もたったわけですけど、まだなんとか動いてくれてます。(汗)

http://ime.ist.hokudai.ac.jp/~aoki/carrozzeria/h15/cwork_a/cwork_a.htm

これ、本当は、運指をキャプチャするためのギターとして開発したつもりだったのですが、目論見とは裏腹に、いつの間にか「光るギター」になってしまったというオチになってます。(笑)

しかし、この「楽器を光らせる」というコンセプトが、サイバー鳴子を開発するきっかけになったわけで、世の中、ホント何が起こるのかわからない気がしますね。
posted by 青木直史 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月29日

ワークショップ

手を動かして、実際に動くものを作ることが、エンジニアの教育にとっては一番効果があるはずですが、なかなかそういった機会がないのも事実。

そんなわけで、自分自身の勉強もかねて、6月あたりから、ワークショップみたいなものを定期的に開催しようと思っています。

当面のテーマはフィジカルコンピューティング。アイデアをカタチにする技術をマスターすることが目標。世のなかのトレンドにキャッチャアップしていきたいと思ってます。

詳細は後日!
posted by 青木直史 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月28日

CQ研究会

7月11日-12日に、北大でCQ研究会を開催する予定。

ご当地ネタということで、特別講演をさせていただくことになりました。

http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=ff720c9cf302867379490c566426fc2fb5c95e863af2faaec3e404525450a76e&tgid=IEICE-CQ&lang=

とりあえず「音メディアに求められるクオリティの変化」というタイトルにしてみましたけど、詳細はこれから考えます。(笑)
posted by 青木直史 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月27日

利尻島

今年は、9月26日-27日に、利尻島でMVE研究会を開催する予定。
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=MVE&lang=jpn.html

毎年恒例の北海道研究会。VRとかARとかUIとか、そんなキーワードに興味のある方にオススメの研究会。

MOE研究会に微妙に名前が似てますけど、こちらはもっと真面目な研究会ですから、ご安心くださいませ。(笑)

北海道研究会といえば恒例のエクスカーションイベントですが、スケジュールの都合上、今回はバスでぐるっと利尻島を一周するだけになりそう。

でも、結局、それでいいのかもしれませんけどね。
posted by 青木直史 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月26日

ハッピーフライト

「ハッピーフライト」を見る。2008年の映画。

コクピットでパイロットが1人になるときは、かならず酸素マスクを着用しなければいけないとか、こういった細部の描写がマニアの心をくすぐるんでしょうね。

それにしても、「大きくゆれても飛行にはまったく影響がない」という定番のアナウンス、そうは言ってもちょっとは影響するんじゃないの、と思わず心のなかでツッコミを入れてしまうのは私だけでしょうか。(笑)
posted by 青木直史 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月25日

せきゅぽろ

せきゅぽろに参加。今回の会場は北大でした。講演者は、トレンドマイクロの平原さんと、北大の町村先生。

サイバーテロが社会問題としてクローズアップされる今日この頃、大学も本腰を入れて情報セキュリティの専門家を育てていく必要性を痛切に感じますが、そのためには教える側も日々アップデートしていかなければと思っています。

じつは、この話題に関連して、7月18日(木)、札幌コンベンションセンターでパネルディスカッションを開催する予定です。

http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=3d54408f18f80cb35b574d4e6a7ea8068b40fc1a37a1ca144fa4fca218d2125c&tgid=IEICE-EMM&lang=

せきゅぽろのメンバーにもパネラーとして登壇をお願いいたしました。お忙しいところお手数をおかけいたしますが、皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

プログラムを見てみますと、なにやら難しい演題がずらっと並んでおりますが、この手の話題に興味のある方はぜひご参加ください!
posted by 青木直史 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月24日

気まぐれロマンティック

今年の打ち込みは、いきものがかりの「気まぐれロマンティック」に決定。PVのチップチューンの前奏が、この曲を選んだ決め手。

楽譜を見ると、いきなりピアノのグリッサンドが出てきて、これ、どうやって打ち込んだらよいものか、ちょっと思案中。とりあえず初音ミクに歌わせてから細かいところを考えます。
posted by 青木直史 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月23日

トム・ソーヤーの冒険

「トム・ソーヤーの冒険」を見始めました。1980年のアニメ。「自由なけものみたいに走ろうぜ」のフレーズが懐かしいですね。

おそらく、このアニメに触発されたのだと思いますけど、小学生のとき住んでいた八軒の通称「団地公園」で、木の上に板を釘で打ちつけてツリーハウスもどきを作ったのも懐かしい思い出。ちょうど東京から転校してきたD君に手伝ってもらったことを覚えてます。

翌日、クラスメートと木の周りでたむろしているところを管理人に見つかってしまい、撤去を命じられたというのが、この話のオチ。その節は、オカンにもいろいろ迷惑かけました。この場をお借りして謝っておきます。スミマセン。(汗)
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月22日

タケコプター

ドラえもんの「ふしぎのサイエンス」シリーズのひとつとして小学館から出てる「手回し発電タケコプター」。

先週、原田先生に実演してもらったのですが、自分でも試してみたくなってAmazonで購入。これ、1500円はお買い得ですよ。

早速、組み立てて、いざ初フライト。

やっぱり、離陸の瞬間が、一番ワクワクしますね!
posted by 青木直史 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月21日

Arduino再び

このところ出番のなかったArduinoを引っ張り出してきて、ひさしぶりにフィジカルコンピューティングに挑戦。

辻君を講師にワークショップを開催したのは昨年の8月のことでしたが、月日がたつのは本当に早いものです。

http://floor13.sblo.jp/article/57502326.html

じつは、とあるプロジェクトのプロトタイピングのため、今回も辻君に手伝ってもらっているのですが、あっという間にモノを作り上げてしまう辻君のギークぶりにはいつもながら脱帽。(涙)

このご恩はどこかでお返ししないといけないですね。本当にありがとうございます!
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月20日

負論理

LEDのプログラミング、単純に考えれば、1で発光、0で消灯にしたいところですが、0で発光、1で消灯にするほうが、じつは電流をたくさん流すことができて好都合なんです。

でも、こうした負論理のしくみって、初心者にとってみればちょっとモヤモヤするところかもしれないですね。

本日の課題にチャレンジした皆さん、今夜は16進数の夢を見るかもしれませんよ。(笑)
posted by 青木直史 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月19日

WRO

WRO(World Robot Olympiad)は、レゴマインドストームを教材とする世界的なロボット競技会で、小中高校生が対象。「オリンピックの競技をロボットにもやらせてみよう」という発想が、もともとのコンセプトらしいです。

「北海道からも出場したい」ということで、このほど設立されたのが「北海道ロボット教育推進協議会」。私もメンバーのひとりとして参加させていただくことになりました。

http://hokkaido-robot.com/

初回ということもあって、わからないことだらけなのですが、とりあえず、8月17日(土)、北大学術交流会館で、北海道ブロックの大会を開催することを予定しています。

子供に教える前にまずは先生の養成から、ということで、本日は東京からお呼びした講師の先生をかこんでのワークショップ。

最初のステップとして、まずは定番のライントレースに挑戦してみましたが、そうなることが頭ではわかっていても、自分の設計通りに動くロボットを見ると、やっぱり感動するものです。これが、実体の持つ魅力、なんですよね。
posted by 青木直史 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月18日

カフェ・ペロニ

平佐修さんのギターを聞きに、山下先生のカフェ・ペロニにお邪魔しました。

http://blog.livedoor.jp/peronikki/search?q=%E3%83%9A%E3%83%AD%E3%83%8B

ラストはやっぱり「アルハンブラの思い出」。「今日はトレモロがうまくいくといいですね。」とおっしゃってましたが、ばっちりきまってましたよ!

いろいろとぶしつけな質問をしてしまいましたが、アットホームな雰囲気のライブ、とても楽しかったです。ありがとうございました!
posted by 青木直史 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月17日

妖怪人間ベムの最終回

全26話でした。

「妖怪人間ベム、ベラ、ベロ、3匹の姿は消えた。

彼らは死んでしまったのだろうか?

いや、彼ら正義の魂が死ぬはずはない。きっとどこかで生きているはずである。

もし、あなたのまわりで怪しい出来事がおこり、それが人知れず解決しているようなことがあったら、彼ら3匹が活躍してくれたと思おう。

そして、妖怪人間ベム、ベラ、ベロに感謝をしようではないか。」

というセリフで幕。

映画版のおかげで、「ベラに似てるね。」って、なんとなくホメ言葉になってしまったような気がするんですけど、昔は「オッカナイよね。」という意味だったんですよ、ホント。(笑)
posted by 青木直史 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月16日

プレゼン

計算機プログラミング、早くも前半が終了。これまでに勉強してきたテクニックを使って、自分なりにゲームを作るというのが本日のテーマ。

それと、演習に入る前に、学生の刺激になれば、ということで、説明の時間にコンピュータの可能性をいろいろとプレゼン。

小山先生はゲーミフィケーション、佐藤先生はゲームの作り方を紹介。

私は、と言いますと、先週末のMOE研究会、時間切れでお見せできなかった自分のプレゼンを紹介。毎年、サイバー鳴子とライトセーバーを振り回すのが、このところの恒例行事なんです。(笑)
posted by 青木直史 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月15日

スタバミーティング

7月のEA研究会のことで、藍さんとスタバミーティング。無理を承知でお願いしたところ、一緒に登壇していただけることになりそうで、本当に感謝感激です!

藍さんのアナログシンセサイザー、なんとブラウザだけで動いてしまうという優れもの。
http://aikelab.net/websynth/

今回はメイキングについて紹介してもらう予定です。興味ある方は、7月19日(木)、アスティ45にお集まりくださいませ!
posted by 青木直史 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月14日

北20条東門

chiharu mkさんと来月のイベントについて打ち合わせ。

http://floor13.sblo.jp/article/65093364.html

遠友学舎に車で機材を持ち込む方法って、じつはちょっと謎だったのですけど、なんと「北20条東門」なる出入り口があるとのこと。(汗)

北大に通うようになってから20年以上もたつのにまだまだ発見があります。こりゃ、一度、キャンパスをすみずみまで探検してみる必要あり、かもですね。(笑)

挑戦こそ芸術の本質。来月が楽しみです!
posted by 青木直史 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月13日

LED

マイコン勉強会、まずはLEDの点滅から。

百聞は一見にしかずとはよく言ったもので、こうした技術の習得って、結局、身近な人に手ほどきしてもらうのが一番なんですよね。

来週はスイッチの予定。
posted by 青木直史 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月12日

セキセイインコ

NHKの「ダーウィンが来た!」を見る。

今回のテーマはセキセイインコ。

セキセイインコのメスは自分と似た鳴き声のオスを好むそうで、メスの鳴き声をまねることで絆を深めようとするのがオスの習性なんだそうです。

ペットとして飼われているセキセイインコは飼い主をつがいの相手と見なし、人間の言葉をまねることで絆を深めようとしているとのこと。

それにしても、セキセイインコもオーストラリアの鳥だったとは。。。

オーストラリアといえば、コトドリという世界一モノマネの上手な鳥がいますけど、こちらは、人間の言葉はもちろん、カメラのシャッター音やチェーンソーの音など、人工的な音もなんでもござれのスゴイ鳥なんです。

この鳥に魅せられ、3年前、現地に取材に行ったのがなつかしい思い出。ホント、鳥のくせに流暢な英語をしゃべるんです。う〜む、なんとなく負けた気がしましたね。(笑)
posted by 青木直史 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記