2013年07月31日

北海道CTF勉強会

昨年、アメリカはラスベガスで開催されたDEFCONで決勝戦を拝見し、ちょっとしたカルチャーショックを受けたCTF。北海道でも興味を持っている人はいないものかと思ってましたところ、有志を発掘する機会に恵まれ、本日、1回目の勉強会の開催することができました。参加者は7名。何かを予感させるマジックナンバーです。(笑)

実際のところ情報セキュリティの裏ワザはわからないことだらけなのですが、年齢も一番上ですし、わからないことは素直にわからないと言える鈍感力で勉強会に参加させていただけたら、と思っております。(笑)
posted by 青木直史 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月30日

モータードライバ

モーターを回すのに必要になるのがモータードライバと呼ばれる電子部品。作例でよく見かけるTA7291Pがホビーユースの定番なのだろうと思ってましたが、経験者の辻君と葛西君いわく「思ったほどパワーが出ない」そうで、実用的なモノを作ろうとすると、もっと強力なモータードライバを探さないといけなくなるらしいです。

すでに出来上がっているのだろうと思っても、意外とノウハウってパブリックオープンになっていないんですよね。テクノロジーのアウトリーチが必要なのは、どの分野も同じような気がします。私にとってみれば本業のサウンドプログラミングの世界もまさにそうですけどね。(汗)
posted by 青木直史 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月29日

怪談ナイト

カクテルバーハラダで「怪談ナイト」なるイベントを開催するとのこと。8月18(日)、18:30怪場で、19:00怪宴なんだそうです。「クーラーいらずの涼しい夜をそっとあなたにプレゼントいたします。」がキャッチフレーズ。「いいね」ボタンを押しておきます!

せっかくのお誘い、前回は参加できなかったので今回こそ、と思ったのですが、あいにく「お盆ミーティング」と日程が重なってしまってるんですよね。う〜む、残念。。。(涙)
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月28日

ビアガーデン

昼下がりに大通りのビアガーデンで懇親会。途中でパラパラっと雨が降ってきましたけど、屋根があるところだったので今日はセーフでした。

そういえば、大学1年生のとき、ここでバイトしたことがあったんですよね。2週間で10万円くらいもらったと思うのですが、何に使ったかはまったく覚えてません。(汗)

仕事が終わった深夜、バイト仲間と大通り公園で話し込んだり、今となってはホント懐かしい思い出です。(笑)

8丁目のステージはカラオケやってましたけど、毎晩のように「おどるポンポコリン」が流れてました。そういう時代でした。
posted by 青木直史 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月27日

モエレサマーフェスティバル2013

モエレ沼に向かう途中で雨が激しくなってきて、「こりゃ今日はダメかな」と思いきや、開始直前になって雨がやみ、無事に花火を見ることができました。と、安心していたのもつかの間、また雨が降ってきて結局ずぶ濡れに。。。(笑)

光と音の一大ページェント。暗闇のなかで見た花火はとても綺麗でした!
posted by 青木直史 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月26日

饗宴

NHKの「100分de名著」、7月はプラトンの「饗宴」でした。

プラトンと言えばやはり「イデア」ですけど、なんと、日本語の「理想」という言葉、もともとは明治時代にイデアの訳語として作られた哲学用語だったらしいです。ちょっとびっくり。

理想を強調するのは、現実がそうなっていないことの裏返し。どこかに永遠の真理があるはずと思い込むのは、昔から変わらない人間の思考のクセみたいなものなんでしょうね。
posted by 青木直史 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月25日

アンパサンド

今日は計算機プログラミングの期末試験でした。

筆記試験と実技試験の2本立てなのですが、日ごろはキーボードで打ち込んでいるプログラムを鉛筆で書いてもらうと、ちょっと変わったアンド記号がポコポコ出てきて楽しいです。(笑)

左右逆に書いてみて、「これ、アンド記号のつもりです。」などと注釈をつけているのを見るのは、ホントほほえましい限り。「試験に出すから書き方を練習しておきなさい」と毎年アナウンスしてるんですけどね。(笑)

ちなみに、アンド記号、本当は「アンパサンド」と読むんです。「& はそれ自身 "and" を表す」(& per se and) というラテン語なんだそうです。プログラマの大好きな、いわゆる自己言及ってやつですね、これ。
posted by 青木直史 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月24日

ファブラボ北大

ついに北大にもファブラボのムーブメントが到来。学生ならではの発想力と行動力に「いいね」ボタンです。

http://fabdai.jp/

本日は顔合わせのミーティングに誘っていただきましたが、辻君、坪田君、工藤君、山内君、葛西君、井上さん、ありがとうございました。もちろん、学生が主体の取り組みですけど、私もぜひ縁の下の力持ちになれたらと思ってます。

工学部の学生なのにまったくモノづくりの体験ができなかった昔の自分を救いに行きたい、という辻君のセリフ、至極名言でした。まったくもって同感。

現状を打開するには、やはり何かをしなければいけないんです。学生の志の高さに、もう一度「いいね」ボタン。
posted by 青木直史 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月23日

お盆ミーティング

8月18日(日)の「お盆ミーティング」、現時点でのプログラムはつぎの通り。

12:00 - 13:00 休憩 + 実物デモ
13:00 - 14:00 「Arduino入門(仮題)」
14:00 - 14:30 休憩 + 実物デモ
14:30 - 15:30 「メディアアート入門(仮題)」
15:30 - 16:00 休憩 + 実物デモ
16:00 - 17:00 「映像メイキング入門(仮題)」
17:00 - 18:00 休憩 + 実物デモ
18:30 - JR札幌駅近くで懇親会

詳細はfacebookのページをご覧くださいませ。招待制のイベントですので、事前に連絡くださいませ。

https://www.facebook.com/events/1809361789203938/
posted by 青木直史 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月22日

野菜と果物

スイカは野菜ということになってますけど、調べてみるとメロンも野菜に分類されるらしいです。草本の実は野菜、樹木の実は果物とのこと。ただし、どちらも青果市場では果物として売られているのだそうです。(笑)

ま、どちらでもいいですね。今年もついにメロンの季節の到来です!
posted by 青木直史 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月21日

義務と権利

国民の義務を果たし、その足で「YOSHI YOSHI」へ。駐車場に誘導員が登場するなど、あいかわらず大繁盛の様子でなにより。暑いときはやっぱりアイスに限ります。

っと、ここまで書いて、気になって調べてみたら、三大義務は「勤労」「納税」「教育」、三大権利は「生存権」「参政権」「教育」であることが判明。選挙って権利なんですね。う〜む、中学校で習ったような気もするけど。。。(笑)

「国会に闘魂注入!!」のアントニオ猪木、当選確実の模様。
posted by 青木直史 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月20日

せきゅぽろ

せきゅぽろに参加。今回の会場は札幌市民ホールでした。

http://secpolo.techtalk.jp/16thworkshop

「北海道における正義のハッカー(White Hacker)育成および、CTF勉強会に関して」というタイトルでumeboshiさんが5分間トーク。賛同者として私の名前も出していただきましたが、情報セキュリティをテーマとして一緒に勉強する機会を増やしていけたらと思ってます。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 青木直史 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月19日

EA研究会

アスティ45にて朝一番のプレゼン。このほどクリプトンから小樽商科大学に移籍された藍さんと一緒に登壇させていただきました。

昼食は、榊原先生、鵜木先生、藍さんとご一緒させていただきましたが、音響分野のプロパーの面々と楽しいひと時を過ごさせていただきました。

その後、札幌コンベンションセンターに移動し、EMM研究会の後片付け。仕事をサポートしていただいた皆様にあらためてお礼申し上げます。研究会がいつもより盛りあがったのも、受付の雰囲気によるところ大と思っております。本当にありがとうございました!
posted by 青木直史 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月18日

EMM研究会

EMM研究会@札幌コンベンションセンター、今回は情報セキュリティをキーワードにパネル討論を企画してみました。登壇したのは私を含む6名のパネラー。

青木:DEFCON
三谷さん:LOCAL
藤丸さん:せきゅぽろ
岸谷さん:不正ログイン
辻君:IT系学生の技術習得
高橋君:Flightradar24

サイバーテロに対抗するにはITエンジニアのスキルアップが求められるわけで、この分野に精通したハッカーを育てるうえで大学やコミュニティの役割はいかにあるべきか、というのが今回のオープンクエスチョン。フロアからもいろいろコメントを頂戴しましたが、やはり「好きこそ物の上手なれ」が結論。

懇親会、急遽ステージにあがってマジックを披露。ついにプロの仲間入りです。(笑)
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月17日

前夜祭

お客さんの驚いた顔が見たいというのがマジシャンのモチベーション。そこは研究者もまったく同じと思っています。

そんなわけで、昨年に引き続き今年もカクテルバーハラダにて合同研究会の前夜祭。札幌まで来ていただいた先生方にマジックの世界を堪能していただきました。大勢の先生を前に2回に分けてマジックを演じていただいた原田先生に大感謝です。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月16日

感性工学

昼食会の後、感性工学の研究について李先生からお話をお伺いすることができました。カタチによってモノの見え方が左右されることを具体的にレクチャーしていただきましたが、う〜む、人間の視覚って結構いいかげんなものですね。

言葉でイメージを伝えようとしても解釈は人それぞれ。クライアントの意図がデザイナーにきちんと伝わっているのかどうか、あらためて考えてみるとなかなか奥深い問題のように思います。誰しもがみんな同じように世界を見てはいないということに気づくことが大事なのかも。
posted by 青木直史 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月15日

北大学術交流会館

8月17日(土)はWRO札幌大会、8月18日(日)はお盆ミーティングということで、Googleマップを使って北大学術交流会館までの道案内を作成。

https://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=207715216800955343115.0004e1100ca8e17ea7e31

JR札幌駅から徒歩5分。車で来られる方は正門または北13条門からお入りくださいませ。ちなみに駐車料金は300円となっております。
posted by 青木直史 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月14日

ロボットづくり講習会

ロボットづくり講習会、本日の会場はちえりあでした。講師として登壇させていただきました。

午前はライントレースのタイムトライアル、午後はWROの大会コースのタイムトライアルが本日のメニュー。

基本形を教えただけなのに、いろんなアイデアを盛り込んでくる子供たちの発想力に、正直なところ驚かされました。教えているつもりでしたが、逆に教えられたような気がします。

これにて、ロボットづくり講習会は終了。つぎはWROの大会に向けた練習会と試走会です。

http://floor13.sblo.jp/article/68689294.html
posted by 青木直史 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月13日

キャッチフレーズ

選挙が近いため、新聞の折込にいろいろ宣伝が入ってきます。候補者のキャッチフレーズを読むのが、この季節の風物詩。

ぱっと見たところ、アントニオ猪木の「国会に闘魂注入!!」が目に飛び込んできましたけど、イチオシはツルネン・マルテイの「"目"の色変えて、がんばります!」ですね。(笑)

選挙に出るつもりはまったくありませんけど、頭の体操として、私も自分のキャッチフレーズを考えてみようかな。(笑)
posted by 青木直史 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月12日

テニス大会

今日は北工会のテニス大会でした。

昨年の無念を晴らすべく、メディアネットワークコースの精鋭である6名の選手にがんばってもらいましたが、惜しくも1回戦突破ならず。雪辱を晴らすのは来年に持ち越しです。(涙)

でも、みんなよくがんばってくれましたし、本音はなにも言うことなしです。長い人生、負けてこそ目標ができるというもの。来年が楽しみです!
posted by 青木直史 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記