2013年08月31日

AC/DC

「電気には交流と直流というふたつの種類があるんですね」とは本日の原田先生のコメントでしたが、送電線はなぜ交流なのか答えられないようでは工学部出身の名がすたるというもの。(汗)

「電力を確保しながら送電のロスを小さくするには、電流を小さくしつつ電圧を大きくする必要があり、実際に日本では数十万Vの電圧で送電しているわけですが、最終的に家庭で使用する場合は電圧を100Vに下げる必要があるわけで、電圧の変換が簡単な交流が採用されている」が答えになるかと思います。

調べてみると、エジソンもテスラも晩年はオカルトにはまったらしく、この話題、もしかしたらそのあたりがマジシャンの原田先生の関心を引く一番の理由なのかも。(笑)

交流はAC、直流はDC。どうやらオーストラリアでは電化製品の裏側に「AC/DC」と書かれているみたいです。大音量の演奏を掃除機のけたたましさになぞらえたのが、AC/DCのバンド名の由来だそうです。
posted by 青木直史 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月30日

チップチューン

音響学、サイン波を覚えたら、おつぎはサイン波の重ね合わせ、です。

手はじめは、ノコギリ波、矩形波、三角波、そして白色雑音。名前だけ聞くとぎょっとしますけど、ファミコンでもおなじみの音って言えば、ちょっとは興味を持ってもらえるかもしれませんね。

たとえば、スーパーマリオブラザーズのBGMって、矩形波がメロディーパート、三角波がベースパート、白色雑音がパーカッションになっているんです。

http://www.youtube.com/watch?v=ps5akYt1WLQ

ファミコンが登場したのは1983年。当時は私も小学生でした。チップチューンを聞くと思わずアドレナリンが出てしまうのは、やっぱりファミコン世代の条件反射なのでしょうかね。(笑)
posted by 青木直史 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月29日

アランブラ宮殿の思い出

NHKの「ららら♪クラシック」を見る。

てっきり「アルハンブラ」とばかり思ってましたけど、スペイン語には「h」の発音がないそうで、正しくは「アランブラ」なのだそうです。

この曲のポイントはなんといってもトレモロ。じつは、私もこれまで何度か挑戦したのですが、思い通りの音を出せるまでにいたってません。深爪派の私にはトレモロはちょっと無理かもしれません。(汗)

最後はミロシュの演奏でした。司会の石田衣良いわく「ギタリストは危険ですよ」ということでしたが、確かにミロシュは危険かも。(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=_MmsHpUfj74
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月28日

マトゥカ ツガルーン

10年ほど前、水本先生に「フィンランド語の音声教材を作るのを手伝ってほしい」とのリクエストをいただいたことがありましたが、ひさしぶりにサウンドエンジニアの仕事を受注。

今回は、フィンランド人留学生のエーメリ君が書いたエッセーが題材。太宰治の足跡をたどった津軽の旅行記なのだそうです。

ひさしぶりの収録ということもあって今日は準備に少々手間取ってしまい、おふたりにはご心配おかけしてしまいましたが、なんとか無事終了です。編集も終わったし、あとはCDに焼くだけ、のはず。(笑)

じつは、その昔フィンランド語を習ったことがあるのですが、聞き覚えのある単語がいくつか登場し、当時の記憶がよみがえった一日でした。

今日はこれにてナケミーン!
posted by 青木直史 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月27日

サイン波

「サイン波といえば数学でしょ。音とどんな関係があるの?」と思われる方が少なからずいらっしゃるような気がするわけですが、サイン波こそ音響学を勉強するうえで最も基本となる音なんです。音響学の勉強は、サイン波についておさらいすることが出発点。

楽器でいえば、サイン波の音はリコーダーの音によく似ています。小学生がリコーダーを吹いて、いとも簡単にサイン波の音を鳴らしているかと思うと、高校の数学でさんざん苦労させられたことにちょっと拍子抜けさせられる気がするかもしれないですね。(笑)
posted by 青木直史 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月26日

WRO札幌大会のまとめ

WRO札幌大会のまとめ、坪田君が作ってくれました。感謝です!

【コース走行1回目】
http://www.youtube.com/watch?v=1OFJmSrzxBg

【コース走行2回目】
http://www.youtube.com/watch?v=_KUfmiFaabA

横山さん、安田君、ご協力ありがとうございました!
posted by 青木直史 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月25日

食品サンプル

9月のMVE研究会、食品サンプルのリアリティについてプレゼンする予定。じつは、岐阜県は郡上八幡で実際にロウ細工の天ぷらとレタスを作ったことがあるのですが、そのときの体験レポートをまじえるつもりです。

いろいろと調べてみると、食品サンプルは日本ならではのカルチャーらしく、文字だけのメニューしかない外国では反応がいまひとつなのだとか。このあたりの理由についての考察が、比較文化論のひとつの切り口になるかもしれないですね。
posted by 青木直史 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月24日

フォールスシャッフル

マジックのレッスンに行ってまいりました。ほぼ1ヶ月ぶり。

原田先生にいくつかフォールスシャッフルの手順を伝授していただきましたが、何事もないように見せかけるテクニックの数々に思わずためいき。何の変哲もなく見える手順のなかに仕掛けをほどこすのがマジックの極意なんですね。

マジシャンがカードを素直にシャッフルしている、と思ったら大間違い。皆様、お気をつけくださいませ。(笑)

ま、私のマジックはそこまでのレベルではありませんから、じっくり観察しなくてもすぐにタネがわかってしまうとは思いますけどね。(汗)
posted by 青木直史 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月23日

イチローの4000本安打

「4000のヒットを打つには、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に向き合ってきた。誇れるとしたらそこじゃないかな。」

3割バッターであれば少なくとも8000回はミスしているわけです。はなやかな大記録に目を向けがちですが、失敗を恐れずチャレンジする気持ちこそ大事だと、あらためて感じたしだいです。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月22日

イチオシ

WRO札幌大会の特集、HTBのイチオシで本日オンエアでした。実物を映し出したいとのリクエストにお応えして、夕方、宮本さんと一緒にレゴロボットを持ってスタジオに。

密着取材のスタイルで、あるチームに焦点をあててストーリーが展開。あいにく主役のお二人は優勝にはいたりませんでしたが、小学4年生なのに堂々とした受け答えが立派でした。また、来年、一緒にがんばりたいですね!

ちなみに、大会当日にインタビューされて、私も何かをしゃべった記憶があるのですけど、それがばっちりテレビに使われていて、思わずぶっ倒れそうになりました。放送事故かと思いました。。。(汗)
posted by 青木直史 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月21日

アルバイト募集

12月にIDW(International Display Workshops)という国際会議を札幌コンベンションセンターで開催いたします。つきましては、12/3(火)〜12/6(金)、各日25名〜30名程のアルバイトを募集いたします。業務内容は、受付、会場内の誘導、および簡単なPC操作などです。

●勤務時間:(おおよそ)7時30分〜18時30分。延長の可能性あり。1日8時間以上勤務した場合には、超過時間に対して割り増し賃金をお支払いいたします。昼食時、夕食時をまたぐ勤務に関してお弁当を支給いたします。連続勤務が難しい場合には、1日からでも結構です。

●時給:(昨年の実績)1,000円、交通費は実費支給を予定しております。

●語学力等:英語と日本語で業務が可能な方。中国語、韓国語ができる方も歓迎です。(過去には、とくに中国語・韓国語ができる方が受付で大活躍いただきました。)理系、文系は問いません。

ご興味のある方は、naofumi.aoki@poem.ocn.ne.jpまで、ご一報ください。締め切りは9月2日です。
posted by 青木直史 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月20日

夏の懇親会

大学も夏休みということで、ようやく折り返し地点。

今日は同じコースの先生方と前期の反省会をかねて懇親会でした。

場所はサントリーズガーデン昊。ムム、確か2日前にもお邪魔しましたね、ここ。。。(笑)

今回の幹事はジェプカ先生。ありがとうございました!
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月19日

ARART

AR技術によるARTだからARART。「アラート」と読むそうです。一例として、お盆ミーティングで赤松先生に見せていただいたデモがこれ。スマフォを使って静止画をながめると動画になって動き出すというデモです。

https://www.facebook.com/events/1809361789203938/

このデモを見てしまうと、頭のなかで勝手に静止画が動画に変換されるようになり、北斎の絵を見るだけで心の目には「まんべくん」が見えてくるわけで、その引き返せない感じがちょっとコワイです。(汗)

う〜む、考えてみると、これって脳のトップダウン処理による補間を利用した究極のアニメなのかも。(笑)
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月18日

お盆ミーティング

お盆ミーティング、本日のプログラムは以下の通りでした。

12:00 - 13:00 開始
13:00 - 13:15 「妄想をカタチにする」青木直史
13:15 - 13:30 「Arduino」南野潤一
13:30 - 13:45 「Leap Motion」藍圭介
13:45 - 14:30 実物デモ + 休憩
「ARドローン」山内翔
「テオヤンセンロボット」葛西紘貴
14:30 - 15:30 「メディア・アート夫婦漫才」赤松正行、赤松武子
15:30 - 16:30 実物デモ + 休憩
「オルゴール」澤田佳代
「バグウェイ」元由勝人
「タイ・カービング」斉藤真佐恵
「レーザープロジェクタ」高橋知宏
「Pythonロボット」安川達朗
「mbed」中川直幸
「パッシブ型パワーアシストスーツ」中島康博
「LEDキャンドル」杉岡賢一
「WRO札幌大会レゴロボット」宮本幸雄
「生体信号アプリ」棟方渚
「テクノ手芸」岡和田夢子
16:30 - 17:30 「映像制作の舞台裏」長沼里奈
17:30 - 18:00 終了
18:30 - 21:00 懇親会@サントリーズガーデン昊

ギャラリーは、大村さん、猪爪さん、永倉君、ジェプカ先生、木村先生、倉内さん、長谷川さん、卜部さん、峨家君、安藤君、佐藤さん、村上さん、松井さん、松橋さん、坪田君、渡邊さん、平山君+Jr、杉本先生、安田君、大野さん、田村さん。

今回は、いつもより広い場所ということもあって、実物を持ち込んでもらい、デモを中心に進行。皆様、本当にありがとうございました。

それにしても、技術そのものを説明するのではなく技術の見せ方を工夫することがギャラリーに興味を持ってもらううえで決定的ということ、赤松先生の「ARART」を見て再認識。アーティストの遊び心を持つことが、技術者の可能性を広げるうえでとても重要という気がします。休暇中にもかかわらずレクチャーのお願いを快諾していただいた赤松先生御夫妻には本当に感謝しております。

懇親会はやっぱりサントリーズガーデン昊。そして、またしても幹事をしていただいた木村先生、ありがとうございました!

10月以降に長沼さんの映像が完成するそうですので、次回は11月あたりにその上映会をかねてミーティングを開催したいと思います。遊び心のあるネタの準備のほど、皆様どうぞよろしくお願いいたします!
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月17日

WRO札幌大会

東京大会の切符を手にしたのは、なんと15秒でコースを完走したチーム。じつは母校の西野第二小学校の子供がメンバーに入っていたこともあって、なんとなく気にはなっていたのですが、試走会に続き札幌大会でも優勝とは快挙です。

大人のアドバイスはまったくもらえないという条件で、2時間でロボットのチューンをしなければならないのが札幌大会のルール。これまでの講習会とは勝手が違い、難易度がかなりアップしたことと思いますが、最後まで投げ出さずに競技にチャレンジしてくれた参加者全員に心から拍手を贈りたいと思います。

夏休みのよい思い出になるといいですね。
posted by 青木直史 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月16日

お盆休み3日目

北大学術交流会館にて午後からWRO札幌大会のセッティング。

最後の打ち合わせをかねて、スタッフと一緒にミア・ボッカで一次会。かんろで二次会。

ここまで来るまでに紆余曲折ありましたが、ついに明日、決着です!
posted by 青木直史 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月15日

お盆休み2日目

現実逃避で「80s(エイティーズ)〜80年代へタイムトラベル」を見る。

そういえば、ありましたね、「ヤッピー」っていう言葉。

ブランドモノで身を固めた若手エリートサラリーマンのことで、華やかなりし1980年代のアメリカの流行語だったそうですが、いまとなっては完全に死語です。(笑)

ヒッピーに対して出来た言葉らしいです。「ヤング・アーバン・プロフェッショナルズ」が語源。

う〜む、日本だと、さしずめ「バブル入社組」ってところですかね。
posted by 青木直史 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月14日

お盆休み1日目

今年のお盆休みは14日から16日の3日間。

締め切り間近の原稿がみっつほどありまして、できればこの休み中に仕上げてしまいたいところなのですが、しかし、そうは言っても「仕事の量は、用意された時間内で、めいっぱいまでふくらむ」わけで、結局、締め切りの当日までかかってしまうのが、おなじみのパターンなんですよね。(汗)

裏返せば、「締め切りがなければ仕事は進まない」ってことなんでしょうけどね。
posted by 青木直史 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月13日

突然変異

今週末のWRO札幌大会に向けて、目下、レベルアップ講習会を開催中。

コースが完走できるようになると、つぎはスピードアップをねらいたくなるわけですが、いろいろ変更しているうちに、なぜかコースが完走できなくなってしまうというケースも散見。(汗)

このあたり、なんとなく似ていると思ったのが生物の突然変異。すでにチューンされている生物にとって、機能の変更をともなう突然変異は、ほとんどの場合、生存にとって不利に働くのだそうです。

もちろん、これが一般論ですけど、ただし、まれに有利なものが生じるのが突然変異の面白いところ。ロボットの調整に倦まず弛まず取り組んでいるうちに、スーパーロボットが生まれることを期待したいものです。
posted by 青木直史 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月12日

メトロン星人

ウルトラマンのなかでも名作と謳われるウルトラセブン。DVDを借りて昔を思い出しているところなのですが、巨大化しないウルトラマンにちょっとびっくりしてます。(笑)

vol.3まで見てきて、いまのところ一番のヒットだったのは第8話のメトロン星人のセリフ。宇宙で一番ちゃぶ台が似合う宇宙人なんだそうです。(笑)

「教えてやろう。我々は人類が互いにルールを守り、信頼しあって生きていることに目をつけたのだ。地球を壊滅させるのに暴力をふるう必要はない。人間同士の信頼感をなくせばよい。人間たちは互いに敵視し傷つけあい、やがて自滅していく。どうだ、いい考えだろう? 」

で、最後は、

「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい。このお話は遠い遠い未来の物語なのです。

え、なぜですって? 我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから。」

というナレーションで幕。
posted by 青木直史 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記