2014年10月31日

Jazz Chants

英語の教材ということで教えてもらったJazz Chants。

このほど取り寄せてみたのはSmall TalkというタイトルのCDでしたが、はじめてのchants体験となりました。ちなみに、chantとは歌という意味。

言葉って音楽なんだなと思ったのが一聴した感想。リズムが違っていると別の曲になってしまうわけで、このあたり自分の英語力の課題と思っています。練習あるのみ。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月30日

亀田音楽専門学校

ゲストはスキマスイッチ。カノン進行がテーマでした。

ヒットする音楽にはパターンがあるということなのだろうと思いますが、決まりきったルールを使いながらも新しい装いの曲を作ることができるのが、アーティストの才能なんだろうと思います。物語論と同じく、創作のヒントは温故知新ということで納得。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月29日

3年生の計算機実験

3年生の計算機実験、今年は内容をリニューアルし、音の分析と合成に挑戦してもらうことにしました。はじめてのことばかりで難しいと感じるところも多々あるとは思いますが、サウンドプログラミングの基本をぜひ理解していただけたら、と思っております。

http://ime.ist.hokudai.ac.jp/~aoki/laboratory14.html
posted by 青木直史 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月28日

メディアネットワークコースアワー

作品制作もいよいよ佳境に差し掛かってきました。進捗、順調なところもあれば、そうでないところもあるように思いますが、いよいよ来週が最終回。画竜点睛を期待しております。

https://www.facebook.com/mncoursehour
posted by 青木直史 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月27日

物語構造分析の理論と技法

高田明典の「物語構造分析の理論と技法」を読む。

背景知識をほとんど持っていないこともあって難解なところが多々ありましたが、とりあえず最後まで目を通してみました。

構造主義の視点で物語を分析すると、どれもこれも似たようなパターンになっているという発想に工学部出身の身としてはなるほどと思う反面、それではなぜ人間はひとつの物語に飽き足らず新たな装いの物語を求めるのかという疑問も浮上。

人間について考えることが一番面白いと思う今日この頃です。
posted by 青木直史 at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月26日

カクテルバーハラダのハロウィンパーティー

今年も本格的なコスプレイヤーぞろいのハロウィンパーティーになりました。

つけ髭の粘着力が限界に近いマリオではとうてい太刀打ちできず、このあたり今後の課題。(笑)

優勝したチームを見てて思いましたけど、やはり世界観を統一したチームのほうがインパクトあるのも確か。来年に向けて、まずはルイージを探すところからはじめようかと思いたったところ。(笑)

皆様、お疲れ様でした!
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月25日

支部会

毎年恒例の支部会に参加。北海道工業大学あらため北海道科学大学が今年の会場でした。レゴマインドストームを題材に、PBL教育の可能性について雑談のプレゼン。

HITプラザで懇親会とのことでしたが、特別講演を聞いた後に退散。ちなみに、大学の名前が変わってもHUSプラザにはせず、これからもHITプラザでいくとのことです。
posted by 青木直史 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月24日

ノイズの色

ホワイトノイズを皮切りに、ピンクノイズ、ブラウンノイズ、レッドノイズ、ブルーノイズ、パープルノイズ、グレイノイズと、専門用語は雑音にまるで戦隊モノのような名前をつけているわけですが、なぜその色を選んだのか不思議といえば不思議。このあたり、共感覚の持ち主のコメントをぜひ聞いてみたいところ。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月23日

NPO法人iCareほっかいどう

「声を残すことの挑戦」の研修会にお邪魔し、声を録音するときの注意点について、僭越ながらレクチャーさせていただきました。

「ポップガードはストッキングでも代用できます。」云々の話をさせていただきましたが、「どのストッキングがよいですか?」という質問は、想定外でした。(笑)

次回は10月26日(日)の予定。
posted by 青木直史 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月22日

CD-ROM予稿集

HCGシンポジウム2014のCD-ROM予稿集、あと1週間ほどで完成させる予定。原稿は120件中10件ほど未着ですが、裏の締め切りには、きっと間に合わせてくれるはず、と思っています。(笑)
posted by 青木直史 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月21日

平成27年度「情報学T」「情報学U」TA募集のお知らせ

工学部では,来年度の大学院生(修士課程,博士後期課程)を対象として,2015年度の全学教育科目「情報学T」および「情報学U」のTAを募集します.

情報学のTAは,単なる授業補助ではなく,教員に準じたやりがいのある教育的な仕事であり,賃金にもそれが反映されています.

希望者は下記URLの「TAの募集要項」をよく読み,応募手続きをしてください.採否は,募集締め切り後,電子メールで通知します.

募集案内 http://ime.ist.hokudai.ac.jp/~aoki/TA.html
応募締切 2014年12月15日(月)
posted by 青木直史 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月20日

DESTINY

ホント、「今日にかぎって〜♪」っていうこと、ありますね。(汗)

まあ、結果オーライということで、よしとします。(笑)
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月19日

青い池の水が青い理由

美瑛町の「青い池」を堪能。

ここ、地元の写真家、ケント白石さんが撮影した写真がMacの壁紙にもなったことでも有名なところなのだそうです。

http://nationalgeographic.jp/nng/article/20121023/327792/?mail&img=ph_01.jpg

看板には「白金温泉地区で湧き出している『白ひげの滝』などから、アルミニウムを含んだ水が、美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されます。太陽からの光が水中のコロイド粒子と衝突しいろいろな方向に散乱され、コロイド粒子が光の散乱を促し、波長の短い青い光が散乱されやすいため、その光が私たちの目に届き、青く見えると言われています。」との解説がありましたが、ただし「『青い池」の水が青く見える明確な原因は解明されておりません。」とのこと。

小春日和のすばらしい一日でした。
posted by 青木直史 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月18日

森の旅亭 びえい

美瑛町の温泉宿に到着。

森の旅亭 びえい
http://www.biei-hotel.com/

1泊2日のショートトリップです。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月17日

HCGシンポジウム2014の締め切り

本日、HCGシンポジウム2014の締め切りということで、「物語から生み出されるリアリティ」と題した原稿を提出。あらましは以下の通り。

「リアリティのある仮想世界を作り出すには,その前提として,人間がどのようなものにリアリティを感じるのか理解することが重要である.本稿では物語を作り出す人間の能力に焦点を当て,物語から生み出されるリアリティについて考察したい.」

今回のHCGシンポジウム、会場は海峡メッセ下関。12月17日(水)〜19日(金)の予定です。

http://2014.hcg-symposium.org/
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月16日

亀田音楽専門学校

ゲストはmiwaさん。ダンスミュージックでは定番の4つ打ちのビートから、平成J-POPの特徴を読み解くという講義内容でした。

下北沢のライブハウス、一生に一度くらいは行ってみたいですが、北海道に住んでいますと、富士山に登るのとどちらが先かなという気もします。(笑)
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月15日

なんともいえない話

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141015/k10015413231000.html

15日朝、福井県大野市の養豚場にクマが侵入しているのが見つかり、処分されました。

山の中の餌が不足して人里近くに現れたとみられるということです。

15日午前8時半ごろ、福井県大野市吉の養豚場にクマが侵入していると通報があり、市の職員や猟友会などが駆けつけたところ、豚舎の中でクマが寝ているのが見つかりました。

クマは猟友会のメンバーが発砲すると、逃げ出しましたが、近くの河原で処分されました。

オスのツキノワグマで、体長およそ1メートル50センチ体重120キロほどだったということです。

クマが侵入した養豚場は山あいにあり、大野市によりますと、周辺では、先月・9月下旬からたびたびクマが目撃されていたということです。

養豚場を経営する安川美幸さんは「豚の餌を狙って、ことしは何度もクマが出没しています。きょうは無事、しとめることができてほっとしましたが、ほかのクマがまた来るのではないかと心配です」と不安そうに話していました。

福井県によりますと、ことしは、山の中でドングリなどの餌が不足し、クマが人里近くに出没するケースが増えているということで、県では注意を呼びかけています。
posted by 青木直史 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月14日

ジンギスカン

昨日の続き。

代車でドライブしている最中、ラジオからあのジンギスカンの曲が流れてきたのですが、そういえば八軒にいたとき、小学校の校庭でこの曲をBGMにジンギスカンを食べたことがありました。

ウィキペディアによりますと、「1970年代末期のディスコミュージックではあるが、現在でも保育園・幼稚園の遊戯や運動会、キャンプファイヤーなどのレクリエーションにもよく用いられる。」とのこと。

う〜む、あの曲の妙なノリ、子供心に尋常ではないと思ってましたが、なんとディスコミュージックを聴きながらジンギスカンを食べていたとは。。。(笑)

ちなみに、歌はドイツ語。歌詞をながめても、食べるほうのジンギスカンとはまったく関係なさそう。(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=ol50CA0WQEk
posted by 青木直史 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月13日

八軒の公務員宿舎

自動車の修理に時間がかかるとのことで、しばし代車でドライブ。あてもなくさまよっているうちに、ついつい古巣の八軒まで来てしまいました。

八軒には小学5年生まで住んでいたのですが、それももう30年も昔のこと。一体どんな様子になっているのかのぞいてみましたところ、40棟ほどあった公務員宿舎が古いものから順番に立ち入り禁止になっていて、思わずびっくり。なんだか不思議なものを見ているような気分でした。

それでも、かつての風景を見ているうちに、昔の記憶ってよみがえってくるものです。思いがけず心の旅となった連休最終日でした。
posted by 青木直史 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月12日

藍涼祭

北海道教育大学札幌校の大学祭、ブラスバンド「さ☆ぶら」の演奏がよかったです。

パンフレットを見て「D-TRAIN」なるJazz & マジック喫茶があることに気づきましたが、あいにくスケジュールがあわず。ぜひ来年もお願いしたいと思います。

夜、近所で花火が打ちあがるのを目撃。東洋水産の工場跡地からと思いましたが、調べてみると「LIBERALA札幌 1st ANNIVERSARY」のイベントとのこと。こちらも、ぜひ来年もお願いしたいと思います。
posted by 青木直史 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記