2016年08月30日

9月3日「三角山リレーエッセイ」放送予定

9月3日「三角山リレーエッセイ」放送予定

9時台 「さわやかサタデー」加藤さや香  
10時台 NPO法人エスニコ代表 芦田科子
11時台 「花よりダンゴ」志羅山美香
12時台 「サイバー塾」山本強
13時台 「裏レコードアワー」杉澤洋輝
14時台 「音楽通信」小山孝
15時台「雑学サイエンス・カフェ」青木直史 
16時台「先生人語」丸山哲秀

※リレーエッセイ9時〜16時台の各番組はそれぞれ9時間後、
再放送でもお楽しみいただけます。 

※急遽、番組の変更がある場合もございますので、ご了承ください

http://www.sankakuyama.co.jp/contents/2016/08/30/005142.php
posted by 青木直史 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月18日

Pure DataのXYスライダ

https://www.facebook.com/almostanysound/

ちょっと前に、CQ出版社インターフェース誌にて、Pure Data + Touch OSCによる音声合成システムを紹介させていただきましたが、これをデモしようとすると、いろんな機材を持ち歩かなくてはならなくなるのですよね。(汗)

https://www.youtube.com/watch?v=TlR5IrOTow0

そんなわけで、なんとかPure Dataだけでデモができればと思っていたわけなのですが、なんとなんと、じつはPure Dataにはマウスポインタの座標を読み取るためのXYスライダがGUI部品として用意されていないのです。(汗)

う〜む、どうしたものか、と思っておりましたが、本日、藍さんに解決していただきました。毎々ありがとうございます。

パッチウィンドウだけを見るとすっきりしているのですが、中身はなかなかにして複雑です。。。(汗)
posted by 青木直史 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月17日

Voice Label Editor再び

かれこれ10年以上も前に須藤さんに作ってもらった音韻ラベリングの音声波形エディタ、利用に向けてあらためてバージョンアップをお願いいたしました。まだテストの段階ですが、ゆくゆくは公開し、音声データベースの作成などに利用していただけたらと思っています。

https://www.facebook.com/almostanysound/
posted by 青木直史 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月16日

雑学サイエンスカフェ@三角山放送局(9月の予定)

次回の予定は、9月3日(土)15時〜、となりました。お時間あれば、またどうぞよろしくお願いいたします。

今年のお盆休みは、山の日のおかげでとてもうれしい連休となりましたが、連日のオリンピック観戦で終ってしまいそうですね〜。(笑)

http://www.sankakuyama.co.jp/contents/2016/07/26/005110.php
posted by 青木直史 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Processingによるゲーム制作(2016年度)

「システム工学」の課題、今年の作品は以下のとおり。

http://ime.ist.hokudai.ac.jp/~aoki/laboratory16/2016.html

みんな最後までよくがんばりました。拍手!
posted by 青木直史 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月07日

本を読むときに何が起きているのか

読了。

ビジュアルに関する描写がほとんどなくても、小説って、ストーリーさえつかむことができれば、すんなり読めてしまいますよね。逆に、描写が細かすぎると読みにくくなるのも確か。

思えば、「指輪物語」を読むのに何度も挫折したのは、描写が細かすぎたからなのかも。結局、「ロード・オブ・ザ・リング」を見て、「う〜む、こんな話だったのか」と、ようやく納得した記憶があります。かなり誤読してたことも判明。(笑)

わかりやすくするには、書き過ぎないことが大事、ということなのかもしれないですね。
posted by 青木直史 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月05日

ロジ・コミックス

オリンピック、はじまりましたね〜。

オリンピックといえばギリシャ、ギリシャといえば哲学。ということで、「ロジ・コミックス」なるマンガを図書館から借りて読んでみましたところ、これがなかなか面白い。

ラッセルといえば「哲学入門」を2回ほど読み、2回ともチンプンカンプンで読了した記憶があるのですが、マンガで読んでみると、その人のなりが見えてくるようで、イメージがわいてまいりました。う〜む、マンガって偉大ですね。

数学があまり得意でない私は、理系の研究者としてはどうかなと思いますけど、ある意味「社会的にはセーフ」なのかな、などと思って読了です。(笑)
posted by 青木直史 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記