2017年03月18日

皇居

北海道に住んでいると、東京はいまだにミステリーゾーンなわけですが、今回、皇居の近くを通りかかったみましたところ、部分的とはいえ、なんと一般に開放していることに、いまさらながら驚いたしだいです。

そんなわけで、ひとつ社会見学ということで、九段下駅から、北の丸公園、東御苑を通過し、東京駅まで歩いてみたのですが、まあ、いろいろ発見があるものです。

発見1 九段下の坂道は思ったより急な坂道でなかった。

う〜む、武道館コンサートなど行ったことがない私にしてみれば、爆風スランプの曲をかなりふくらましてイメージしていたのだろうな〜、という気がします。(笑)

発見2 江戸城の天守閣は現存していない。

江戸城の天守閣、てっきり現存しているように思っていたのですが、江戸時代に焼失したっきりだったとは知りませんでした。ちなみに、大奥のあった建物なども現存しておらず、原っぱになっているようでして、残っていれば観光資源になったかもしれないと思うと少し残念。

発見3 意外と歩ける。

今回のルートは、ぶらぶら歩いても1時間くらいでした。東京の移動は電車に乗るのがデフォルトのような気がしてしまうのですが、歩いてみるのもなかなか趣があってオススメかもしれないです。

外国人観光客のほうが多いような印象でしたけど、外国人観光客にしてみたら、東京といえば、ディズニーランドよりも皇居のほうが断然興味がわくのかもしれませんね。

いまさらながら、体験学習って大事だな、と思うわけですが、まあ、おのぼりさんのたわごとと思って読み飛ばしてくだされ。(笑)

https://www.facebook.com/naofumi.aoki.1
posted by 青木直史 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月15日

ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門

今週末3月18日(土)に店頭にならぶ予定の拙書、本日、東京にて編集の横山さんから手渡しにて無事拝受させていただくことができました。

本当に感謝感激です!

ArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門
http://www.amazon.co.jp/dp/4061565699

サポートサイト
http://floor13.sakura.ne.jp/

拙書も今回で8冊目。末広がりの数字にあやかって、ぜひ重版出来を目指したいところ。著者サインでしたらいくつでも進呈できますので、お一人様何点でもお買い上げいただけますと幸いです!

ちなみに、今回は、著者プロフィールということで、私の秘蔵プロマイド写真ももれなくゲットできるようにしてみました。断然、お買い得ですよ〜。(笑)

出版記念パーティーは4月22日(土)を予定しております。こうご期待くださいませ!

https://www.facebook.com/naofumi.aoki.1
posted by 青木直史 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月04日

本日のテーマは「本の出版」

雑学サイエンスカフェ@三角山放送局、本日は「本の出版」をテーマにお話させていただきました。

ご紹介した本

@遠い太鼓
村上 春樹 (著)
講談社 (1993/4/5)

A本を読むときに何が起きているのか
ピーター・メンデルサンド (著)
フィルムアート社 (2015/6/27)

BArduinoとProcessingではじめるプロトタイピング入門
青木 直史 (著)
講談社 (2017/3/18)

ご紹介した音楽

@ノルウェーの森
1965年 ビートルズ

A虹の都へ
1990年 高野 寛

B吐息でネット
1988年 南野 陽子

Cエコー
2016年 ユニコーン

Dさくら(独唱)
2003年 森山 直太朗

メッセージを送っていただいた「おゆ」さん、ありがとうございました!

次回は、4月1日(土)15時〜、の予定です。どうぞよろしくお願いいたします〜!

http://goo.gl/pZ61nS
posted by 青木直史 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月01日

テクノロジーアート展 in 北大祭2017

今年も、2017年6月3日(土)、北大祭にあわせまして、「テクノロジーアート展 in 北大祭2017」を開催することにいたします。

広い意味でなんらかのテクノロジーを使ったアート作品の展示がイベントの趣旨。ぜひ皆様のイチオシのアイテムを持ち込んでいただき、デモなどをまじえて紹介いただけたら、と思っております。

1人あたり1テーブルほどのスペースで作品を発表していただけたら、と思っておりますが、形式につきましてはフレキシブルに対応いたします。ふるってご参加くださいませ!

コアタイムは13時から17時までの予定。参加料は無料です。詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://goo.gl/SjZBza

エントリーされる方は、aoki@ime.ist.hokudai.ac.jpまでご一報いただけますと幸いです。
posted by 青木直史 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記